日本企业节能、环保相关设备、技术总汇(修订新版)中国語のページへ

設備・技術の分類別リスト:その他

会社・団体名/英文名 設備名・技術名 PDF
AGCエンジニアリング株式会社
AGC ENGINEERING CO.,LTD.
拡散透析法酸回収◎金属表面処理工程から排出される廃酸中の遊離酸を濃度差により金属と分離して回収
◎酸回収の駆動力は濃度差を利用するため、ランニングコストが安い
◎装置はシンプルで日常の運転管理が容易
株式会社アムロン
AMRON CORPORATION
有害物質汚染(水質・土壌・廃棄物)の総合処理様々なフィールド、種々の有害物質に対し最適なソリューションを提案。重金属類に対しては吸着、不溶化技術を中心とした処理を、農薬や化学肥料等に対しては洗浄技術を中心とした処理を、油等に対しては微生物を用いた技術を中心とした処理を提案可能。各処理技術を組わせることで難易度の高い複合汚染に対しても一括した提案が可能。
日立金属株式会社
Hitachi Metals, Ltd.
FFC(フレキシブル・フラット・ケーブル)・RoHS指令の禁止物質の鉛を不使用
・金めっきを行わずウィスカの発生を抑制
・薄型のテープ電線で小型化、高密度化への対応可能
株式会社日立製作所
Hitachi, Ltd.
「24KV-25KA エコC-GIS」・地球温室効果ガス(SF6)を完全に撤廃し、真空遮断器(VCB)使用の乾燥空気絶縁のキュービクル形開閉装置
・長寿命高信頼性の真空消弧室(VI)を使用し、保守点検省力化のC-GIS(SF6ガス回収装置不要)
・トータルライフサイクル(LCC)低減型(調達~廃棄)のキュービクル形開閉装置(C-GIS)
株式会社日立製作所
Hitachi, Ltd.
シリコーン液入変圧器・絶縁媒体としてシリコーン液を採用
・シリコーン液は自然界の物質に還元し環境に優しい変圧器です。
・防災性の観点から難燃性合成液(自己消火性)で、引火点が250℃以上です。
・非腐食性も高く、安定して長い間ご使用頂けます。
株式会社日立製作所
Hitachi, Ltd.
72kV環境調和形乾燥空気絶縁開閉装置・二酸化炭素の23900倍の温暖化係数を持つSF6ガスを使用せず、乾燥空気を使用した開閉装置
・乾燥空気と固体のハイブリッド絶縁構造
・プラグインアレスタの採用
JFEエンジニアリング株式会社
JFE Engineering Corporation
ストーカー炉(ゴミ焼却発電)◎廃棄物(都市ゴミ)を焼却し、その熱量で発電することでエネルギー回収を行う。
◎排ガス処理を行い、排煙中の有害物質は環境基準以下を満足する。
◎当社独自のハイパーストーカーシステムでゴミの完全燃焼を達成する。
日揮触媒化成株式会社
JGC Catalysts and Chemicals Ltd.
脱硝装置・脱硝触媒日揮株式会社は、1970年代初頭に脱硝触媒や反応器の開発を始め、日揮触媒化成株式会社は、環境保全用製品として、1976年に世界に先駆けて酸化チタンベースにおけるハニカム型脱硝触媒の生産を開始し、ハニカム型触媒のトップシェアの地位を築いており、EU、USA、韓国、中国の各地域へその製造技術ライセンスを実施し、世界的にもその技術はトップシェアを誇る。最近では2015年にセメント、鉄鋼コークス、ごみ焼却炉等の窒素酸化物(NOx)の規制の強化によるマーケットの拡大が予想される背景の中、日揮グループとして中国での脱硝ビジネスを推進・拡大中である。その他に素材の特性を生かした吸着剤、触媒機能製品等の展開も視野に入れ営業活動中である。
三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社
MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES ENVIRONMENTAL&CHEMICAL ENGINEERING CO.,LTD
三菱汚泥乾燥機三菱汚泥乾燥機は、含水率約80%の脱水汚泥を乾燥させて汚泥減量を行い、乾燥汚泥を固形燃料として使用することができます。 主な特徴は下記通り:
① 型式は間接加熱の二軸(四軸)パドル攪拌式を採用し、幅広い対象物に適用可能
② 独自のパドル形状と独自の回転方向を採用し、粘性の高い汚泥も詰まりにくい、耐磨耗性がよい
③ 余剰蒸気を熱源として利用可能、ランニングコストを大幅低減できる
④ 消耗部品が少ない、低メンテナンスコスト
⑤ 安全性が高い
オルガノ株式会社
ORGANO CORPORATION
電解液の精製技術 -電解液中のHF 低減-LiB の主要部材である電解液は電解質(LiPF6 など)および溶媒から構成されている。電解液製造の過程で微量水分が存在すると、LiPF6 と水が反応し、HF が生成することが知られている。HF は負極上の保護膜へ悪影響与え、電池寿命にも影響を与えるため、電解液中のHF の存在は好ましくない。当社の精製技術を用いることで、電解液中のHF を低減することが可能である。
株式会社 レビオ
REBIO
・家庭から出される「生ゴミ」から良質な肥料を製造し食品の販売まで行う「食の循環型農業システム」を構築する術。
・生ゴミから発生する臭気を効率よく脱臭する触媒方式脱臭装置。◎家庭から出される「生ごみ」をもう一度良質な肥料として畑に戻すサイクルを通して、“食の循環型農業”の構築を行っています
◎大規模な仕組みがいらず大幅なコスト削減が可能で、再資源化するためのエネルギーも最小限に抑えられ、地球に負荷をかけないシステムです
◎システム開発で生まれた脱臭用触媒は多くの場面での利用が期待できます
レスク株式会社
RESC, Ltd.
カセット型バッテリー用プラットフォーム:e-プラットフォームIoT を駆使することで、バッテリーインフラの経済性と利便性を両立させながら、バッテリーそのものではなく、バッテリーの充放電機能をユーザーへ提供するプラットフォームです。
e-プラットフォームの4つの構成要素は以下のとおりです:
1.IoT に対応したカセット型バッテリー
2.カセット型バッテリー活用製品
3.アルゴリズム・AI・ビッグデータで構成されたICT システム
4.IoT サービス
正和電工株式会社
Seiwa-Denko Co., Ltd.
バイオトイレ“Bio-Lux”と新浄化装置“Bio-Lux Water”バイオトイレ“Bio-Lux”は①水を使わない、②普通のオガクズを活用する、③特別な菌は不要、④トイレ室内は無臭、⑤トイレットペーパーも消える、⑥使用後のオガクズは有機肥料として活用可能 等で、トイレ自体が汚物を処理する自己完結型のトイレです。新浄化装置”Bio-Lux Water”は①トイレ排水は混入しない、②台所、風呂場、洗濯場等の排水が備長炭の槽を通過する、③汚水の沈殿物が少ないのでメンテナンスが容易、④処理水の大腸菌対策が不要、⑤処理水は再利用が可能 等で家庭から出る雑排水をきれいに雨水状態にまできれいに浄化する装置です。(下水道が不要の住環境を提案)
株式会社住化分析センター
Sumika Chemical Analysis Service, Ltd.
土壌汚染調査から修復までのトータルソリューション住化分析センター(SCAS)は、日本で培った土壌環境分野の技術と経験を活かし、中国側パートナーと共同で土壌環境ビジネスを展開しています。2017 年5 月には、江西省の土壌環境分野のリーディング企業・江西怡杉環保株式有限公司、公的機関・国立南昌航空大学、更にはジョージア工科大学と共同出資で「日・中・米」、「産・官・学」体制の合弁会社『江西智匯環境技術有限公司』を設立しました。これにより土壌汚染の調査から修復までのトータルソリューションを提供できる体制を整えています。
住化分析技術(上海)有限公司2007 年設立(SCAS 全額出資)、江西智匯環境技術有限公司とともに今後もお客様をサポートします。
鈴木産業株式会社
SUZUKI INDUSTRY Co.,Ltd
自然素材である稚内珪藻土(稚内珪藻頁岩)の機能を利用した、ランニングコストゼロの調湿・消臭建材の内装材稚内珪藻土(稚内珪藻頁岩)が持つ優れた調湿・消臭機能は、室内に使用すると室内湿度環境を改善する事に役立ちます。高湿度では吸湿する事で結露を予防する事でカビ・ダニの発生を抑え、低湿度では吸湿した湿気を放湿する湿度調整する機能を持ちます。また、アンモニア等の不快な生活臭を消臭する事で室内環境を健康的に創出します。
この、優れた吸放湿機能により高い余分な湿気を吸湿する事で、高湿度での不快感を低減させ、そしてエアコンの熱交換を効率化させる事によりエアコンのランニングコストを抑える事で省エネルギーに寄与します。
これらの効果は自然呼吸により発現する為、ランニングコストコストは掛かりません。
帝人フロンティア株式会社/帝人商事(上海)有限公司
TEIJIN FRONTIER CO., LTD
乾低汚泥発生汚水生物処理技術多段式接触酸化生物処理技術と本技術を支える帝人の特殊繊維担体が、排水処理効率を上げるとともに、排水処理に伴い発生する汚泥の発生量を抑制し、汚泥処分費用を削減し、汚泥による環境の二次汚染を低減します。
さらに、発生してしまった汚泥に対しては、汚泥中への分散性が抜群の脱水助剤を投入することで、汚泥の含水率を低減することが可能であり、汚泥処分費の削減と汚泥輸送効率および汚泥処分効率を上げることができます。