日本企业节能、环保相关设备、技术总汇(修订新版)中国語のページへ

設備・技術の分類別リスト:土壌汚染防止、土壌改良

会社・団体名/英文名 設備名・技術名 PDF
株式会社アムロン
AMRON CORPORATION
有害物質汚染(水質・土壌・廃棄物)の総合処理様々なフィールド、種々の有害物質に対し最適なソリューションを提案。重金属類に対しては吸着、不溶化技術を中心とした処理を、農薬や化学肥料等に対しては洗浄技術を中心とした処理を、油等に対しては微生物を用いた技術を中心とした処理を提案可能。各処理技術を組わせることで難易度の高い複合汚染に対しても一括した提案が可能。
北九州市
City of Kitakyushu
北九州市の省エネルギー環境関連施設や技術(グリーン・イノベーション)北九州市は低炭素社会の構築のため、環境分野の技術革新による経済発展を目指すグリーン・イノベーションを促進し、エネルギーや環境保全関連技術や製品の開発と普及、環境産業の育成などに積極的に取り組んでいます。
本市がこれまで培ってきたものづくりの街としての技術やノウハウを最大限に活用し、低炭素社会が求める付加価値の高い産業構造の変革を進めています。
また、オフィスや工場での省エネや新エネルギー設備の導入に率先して取り組んでいます。多様なエネルギー資源による安定的なエネルギーの供給と、市民参加による地域エネルギーを賢く無駄なく使いこなし、災害にも強いエネルギーシステムの構築を目指しています。
株式会社フジタ
Fujita Corporation
土壌地下水浄化技術及び植物浄化技術フジタが土壌地下水浄化分野において、高い技術と豊富な経験を有している。土壌地下水汚染の対策に積極的に環境に優しい原位置浄化技術を採用している。例えば、微生物のVOC浄化技術、化学酸化技術、鉄粉浄化技術、地層中油洗浄技術、植物浄化技術及び地下水シミュレーション技術等。
植物を用いる土壌汚染浄化技術に関して、土壌からヒ素、カドミウム等を吸収し高濃度に蓄積できる植物(高集積植物)を選抜育種し、浄化を行っている。これらの技術は低コストで環境負荷が少ないことが特長である。
福岡県
Fukuoka Prefectural Government
福岡県の国際環境協力福岡県では、アジア諸地域との人的ネットワークを構築するとともに、そのネットワークや本県に蓄積された環境技術・ノウハウ等を活用して、アジアの環境問題の解決に貢献することを目指しています。
具体的には、中国、アセアン、インドから環境政策の中核を担う行政官を招聘する国際環境人材育成事業によるキャパシティビルディング及びネットワーク構築や、中国・江蘇省、ベトナム・ハノイ市、タイ・バンコク都及びタイ・中央政府と環境協力協定を締結し、大気環境改善協力や福岡方式による廃棄物最終処分場の整備協力等を行っています。
日立化成株式会社
Hitachi Chemical Company, Ltd.
発光微生物による土壌毒性測定システム・オンサイトでの分析可能
・複合毒性の検出
・生態への影響調査、環境リスク評価
株式会社日立製作所
Hitachi, Ltd.
シリコーン液入変圧器・絶縁媒体としてシリコーン液を採用
・シリコーン液は自然界の物質に還元し環境に優しい変圧器です。
・防災性の観点から難燃性合成液(自己消火性)で、引火点が250℃以上です。
・非腐食性も高く、安定して長い間ご使用頂けます。
株式会社堀場製作所
HORIBA, Ltd
有害元素蛍光X 線分析装置 MESA-505 つのテクノロジーを搭載した新世代の蛍光X 線分析装置。
・ Speedy:高性能SDD(Silicon Drift Detector)検出器により測定時間を短縮。(当社比) 有害元素全般の測定効率向上。塩素も大気雰囲気中で分析可能。
・ Small:持ち運びできるA4 サイズのコンパクト設計。バッテリ内蔵型で充電すれば電源のない環境でも分析作業が可能。
・ Simple:液体窒素も真空ポンプも不要なシンプル設計。ランニングコストが抑えられ、しっかり省エネ。メンテナンスが最小限。
・ Smart:HORIBA が長年蓄積したデータ管理機能を搭載。合否判定機能、Excel®を利用したレポート機能も充実。インターフェースは日本語、英語、中国語に対応。
・ Safe:X 線を取り扱う装置のため、徹底的に安全に配慮。
株式会社J&C
J&C Co.,Ltd.
1.浄水剤JCSS 系列和浄水設備JCCW 系列。
2. 黑臭水体的原位修复。
3.零排出(無臭気、無汚水、無糞汚)家畜養殖と土壌改良バイオ・酵素系列1. 浄水剤JCSS と設備JCCW 系列。①浄水剤安全、設備無振動無騒音;反応速度が速い;処理効果抜群;応用範囲が大きい;添加量少なくコストが低い;処理能力が大きい;小型、設備が従来の1/8~1/4。②黒臭水体(汚れ水体)を簡単、急速に修復。
2. 黒臭水体(川、湖等)の超速浄化と自己浄化能力の回復。数時間で完成、安全、簡単、低コスト。
3. バイオ酵素を家畜養殖飼料添加と敷物に添加する斬新な家畜養殖方法で以下の効果を達成する。
② 家畜養殖の完全な零排出(無臭気、無汚水、無汚);
②無抗生物質使用;
③ 肉、卵の栄養と味の向上;
④ 水に流されな区二次汚染しない土壌修復能力がある生物有機肥だけが出る;
⑤ユーザーに大きな増益(マイナスコスト)。
日中環境協力支援センター有限会社
Japan-China Environmental Service Center Co., Ltd.
日中環境省エネビジネスコンサルティング高い専門性と豊富なコンサル経験や人脈を持つ当社の日中環境省エネビジネスコンサルサービスで貴社をしっかりサポート。日中環境省エネ分野について、マーケットリサーチ、資料収集・翻訳・通訳、販売促進支援、協力相手探し、マッチング、共同研究コーディネイト、展示会出展支援、信用調査、交渉支援、中国連絡事務所代行業務、レクチャー・講演・執筆活動、化学物質管理コンサルで高品質のサービスを提供中です。
日揮触媒化成株式会社
JGC Catalysts and Chemicals Ltd.
脱硝装置・脱硝触媒日揮株式会社は、1970年代初頭に脱硝触媒や反応器の開発を始め、日揮触媒化成株式会社は、環境保全用製品として、1976年に世界に先駆けて酸化チタンベースにおけるハニカム型脱硝触媒の生産を開始し、ハニカム型触媒のトップシェアの地位を築いており、EU、USA、韓国、中国の各地域へその製造技術ライセンスを実施し、世界的にもその技術はトップシェアを誇る。最近では2015年にセメント、鉄鋼コークス、ごみ焼却炉等の窒素酸化物(NOx)の規制の強化によるマーケットの拡大が予想される背景の中、日揮グループとして中国での脱硝ビジネスを推進・拡大中である。その他に素材の特性を生かした吸着剤、触媒機能製品等の展開も視野に入れ営業活動中である。
川崎市
Kawasaki-city
PRTR推進事業PRTRとは、有害性のある多種多様な化学物質が、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか等のインベントリー、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握・集計し、公表する制度。
事業者はPRTR制度により、さまざまな化学物質の環境への排出量を自ら把握し、行政に報告。また、その結果は行政により公表され、事業者が事業活動により環境へ与えている負荷の実態を周辺住民を含めた第三者に知らせる。そのデータ把握・公表の過程を通じて、事業者による化学物質の自主管理、適正管理が促進され、その結果、環境負荷、環境リスクが低減される。
新日鉄住金エンジニアリング株式会社
NIPPON STEEL & SUMIKIN ENGINEERING CO., LTD.
回転炉床炉(RHF)による製鉄ダストリサイクル技術製鉄所からは様々な種類の製鉄ダストが排出されます。この内、亜鉛が多く含まれているダストは製鉄工程に直接リサイクルすることができません。RHF は製鉄ダストから亜鉛を除去するとともに、還元反応により金属鉄を多く含んだDRI を製造することにより、製鉄工程への効率的なリサイクルを可能とし、ゼロエミッションを達成することができるプロセスです。
株式会社 レビオ
REBIO
・家庭から出される「生ゴミ」から良質な肥料を製造し食品の販売まで行う「食の循環型農業システム」を構築する術。
・生ゴミから発生する臭気を効率よく脱臭する触媒方式脱臭装置。◎家庭から出される「生ごみ」をもう一度良質な肥料として畑に戻すサイクルを通して、“食の循環型農業”の構築を行っています
◎大規模な仕組みがいらず大幅なコスト削減が可能で、再資源化するためのエネルギーも最小限に抑えられ、地球に負荷をかけないシステムです
◎システム開発で生まれた脱臭用触媒は多くの場面での利用が期待できます
株式会社 レビオ
REBIO
生ごみ堆肥化技術による農地改善 安心・安全な食材(農産物)を求めている消費者に我社の技術で作られた生ごみ堆肥を畑に使うことで化学肥料をゼロ又は10%程度に抑えた栽培が可能となる。
出来た農産物は化学肥料独特の苦みが無く、栄養価の高いものが出来る。
我社の技術ノウハウは全て中国側企業に提供し中国国内で製造できるように技術指導を行う。
株式会社 レビオ
REBIO
「レビオシステム」による生ごみ堆肥化技術および安全野菜の栽培技術 埋め立て処分されている生ごみを弊社の技術で高品質な堆肥にし農地に投入することで郊外の貧しい農民の所得向上に貢献できる。
農地の私有が認められていない中国においては、政府がこの事業を進めることで可能となる。
株式会社住化分析センター
Sumika Chemical Analysis Service, Ltd.
土壌汚染調査から修復までのトータルソリューション住化分析センター(SCAS)は、日本で培った土壌環境分野の技術と経験を活かし、中国側パートナーと共同で土壌環境ビジネスを展開しています。2017 年5 月には、江西省の土壌環境分野のリーディング企業・江西怡杉環保株式有限公司、公的機関・国立南昌航空大学、更にはジョージア工科大学と共同出資で「日・中・米」、「産・官・学」体制の合弁会社『江西智匯環境技術有限公司』を設立しました。これにより土壌汚染の調査から修復までのトータルソリューションを提供できる体制を整えています。
住化分析技術(上海)有限公司2007 年設立(SCAS 全額出資)、江西智匯環境技術有限公司とともに今後もお客様をサポートします。