日本企业节能、环保相关设备、技术总汇(修订新版)中国語のページへ

設備・技術の分類別リスト:大気汚染対策

会社・団体名/英文名 設備名・技術名 PDF
AGCエンジニアリング株式会社
AGC ENGINEERING CO.,LTD.
膜式ドライヤ 「sunsepTM◎電源不要
◎水蒸気以外の透過が無いため、空気のほか各種ガスの除湿が可能
◎小型・軽量・メンテナンス不要
AGC テクノロジーソリューションズ株式会社
AGC TECHNOLOGY SOLUTIONS CO., LTD.
硝子溶解炉、焼却炉、精錬炉 排ガス処理技術◎ 熱歪に強い強固な電極構造、再飛散の少ない電気集塵機
◎ バグフィルタにて、アクレシア(重曹)、または高反応消石灰を用いた酸性排ガスの高度除去技術
◎ 様々な除去設備の組み合わせによるお客様への提案
アルプステック株式会社
ALPSTEC CO.LTD
燃料添加剤「OILTAC」燃料添加剤「オイルタック」は、植物酵素により作りだされた成分を有効成分とする灯油溶液の添加剤である。液体石油系燃料及び石炭・練炭等に対し10000分の1の添加比で加えることにより優れた燃焼改善効果を発揮。省エネルギー、排気ガスの改善、燃焼関係部位の汚損減少効果など多くの波及効果が認められている。
また「オイルタック」は金属類、界面活性剤などを一切使用していないため、物理変化は生じても化学変化は生じない。よって燃料中の不純物や添加物と反応することもないため、エンジン・ボイラー等で使用しても安全性を保つ。
北九州市
City of Kitakyushu
北九州市の省エネルギー環境関連施設や技術(グリーン・イノベーション)北九州市は低炭素社会の構築のため、環境分野の技術革新による経済発展を目指すグリーン・イノベーションを促進し、エネルギーや環境保全関連技術や製品の開発と普及、環境産業の育成などに積極的に取り組んでいます。
本市がこれまで培ってきたものづくりの街としての技術やノウハウを最大限に活用し、低炭素社会が求める付加価値の高い産業構造の変革を進めています。
また、オフィスや工場での省エネや新エネルギー設備の導入に率先して取り組んでいます。多様なエネルギー資源による安定的なエネルギーの供給と、市民参加による地域エネルギーを賢く無駄なく使いこなし、災害にも強いエネルギーシステムの構築を目指しています。
株式会社 ホーム企画センター
Corporation Home Kikaku Center
空気浄化式換気システムPM2.5や化学物質から健康被害を防ぐため、室内空気質の改善を目的とした特許工法「炭の家」換気システム。手術室やクリーンルームと同じ換気方法を採用し、更に炭の優れた清浄効果で有害物質が限りなくゼロに近い室内空気環境を実現します。しかも炭の生成は二酸化炭素を固定することに繋がり、CO2削減にも貢献します。「炭の家」は、生物の健康維持と地球の環境保護を行うエコロジー技術です。
大旺新洋株式会社
DAIOH SHINYO Co.,Ltd.
フロンガス分解装置強力なオゾン層破壊ガス・温暖化ガスであるフロンを分解して、無害化する装置である。フロンは大気へ放出されるとオゾン層を破壊する。また、フロンはCO2の数千倍の温室効果をもつ。過熱蒸気分解法という難分解性有機物の分解に非常に効果的な特許技術を用いているため、装置の構造がシンプルであり、イニシャルコストとランニングコストが他の方式に比べて安価となっている。
東亜ディーケーケー株式会社
DKK-TOA CORPORATION
汚染源VOCs測定装置揮発性有機化合物(VOCs)は、PM2.5の原因物質の一つとされ、環境大気中のPM2.5低減対策の一環としてその使用施設や貯蔵施設からの排出量の削減が課題となっています。そのためには排出量や排出濃度の把握が必要です。
ここでご紹介する汚染源VOCs測定装置は発生源での連続的な濃度監視用のオンラインタイプ、実験室での測定に適した実験室タイプ、発生源に持ち込んで測定できるポータブルタイプを取りそろえ、多様な使用目的に応じて選択いただけます。
東亜ディーケーケー株式会社
DKK-TOA CORPORATION
微小粒子状物質(PM2.5)測定装置FPM‐377‐1型本装置は日本国環境省が環境大気の常時監視の測定方法等を規定として作成した、『環境大気常時監視マニュアル第6 版』に準拠した微小粒子状物質の自動測定機です。
屋外設置型は全天候性のシェルタに,PM2.5の測定に必要なユニットをすべて組み込み,屋外に単独設置できるよう様々な配慮が施されています。測定部はSPM計でフィールド実績の豊富なベータ線吸収法自動測定機を使用しており,湿度影響を低減させるための,ヒータ方式の除湿装置が組み込まれています。また,分粒器にはメンテナンス周期の長いVSCサイクロンを採用しました。
なお,屋外設置型のほかに,屋内設置型もご用意しておりますので,併せてご検討ください。
株式会社フジタ
Fujita Corporation
土壌空気浄化システム土壌空気浄化システム(EAP:Earth Air Purification System)は、土壌が本来有している浄化作用を利用して、自動車排ガスによって汚染された空気から汚染物質を除去するシステムである。EAPは、植栽部、土壌層、通気部および送風機により構成されている。汚染空気は送風機により通気部を経由して土壌層に送り込まれ、土壌を通過する間に土壌の物理・化学的、生物的な作用により浄化される。
福岡県
Fukuoka Prefectural Government
福岡県の国際環境協力福岡県では、アジア諸地域との人的ネットワークを構築するとともに、そのネットワークや本県に蓄積された環境技術・ノウハウ等を活用して、アジアの環境問題の解決に貢献することを目指しています。
具体的には、中国、アセアン、インドから環境政策の中核を担う行政官を招聘する国際環境人材育成事業によるキャパシティビルディング及びネットワーク構築や、中国・江蘇省、ベトナム・ハノイ市、タイ・バンコク都及びタイ・中央政府と環境協力協定を締結し、大気環境改善協力や福岡方式による廃棄物最終処分場の整備協力等を行っています。
古河産機システムズ株式会社
FURUKAWA INDUSTRIAL MACHINERY SYSTEMS CO.,LTD
高性能電気集塵機・静電気による集塵機能とフィルタによるろ過集塵機能の相乗効果で、従来の電気集塵機より集塵効率が高く、近年使用が増えている「ろ過式集塵機」と同等の集塵効率が達成できる。
さらに経年による集塵効率低下が実績上でもほぼ皆無。
・メンテナンスは約10年に1回なので、ろ過式集塵機の約3年に1回と比較して大幅なコスト削減が可能。また圧力損失も従来型電気集塵機同等でろ過式集塵機との比較で大幅に省エネ。
株式会社日立製作所
Hitachi, Ltd.
シリコーン液入変圧器・絶縁媒体としてシリコーン液を採用
・シリコーン液は自然界の物質に還元し環境に優しい変圧器です。
・防災性の観点から難燃性合成液(自己消火性)で、引火点が250℃以上です。
・非腐食性も高く、安定して長い間ご使用頂けます。
株式会社堀場製作所
HORIBA, Ltd
連続排ガスVOC(NMHC)モニタリングシステム:APHA-370V、流量計、温度計、PG-350GNMHC をFID もしくはNDIR 法で計測できる装置です。従来GC では、VOC からメタンを分離する際にカラムを使用しておりましたが、選択燃焼にてメタン分離し、NMHC を計測する製品です。
日本でVOC 規制時に開発した技術ノウハウを活用し、コアの分析ユニットは日本で製作、上海工場でシステムを生産しております。
また、ポータブルガス分析計PG-350G は、場所を選ばず、高精度な測定を実現します。1 台で燃焼排ガス中の最大5 成分(NOx/SO2/CO/CO2/O2)の同時測定が可能です。さらにCH4(メタン)ガス対応モデルも取り揃えています。
日本エヌ・ユー・エス株式会社 
Japan NUS CO., LTD.
大気汚染物質の健康影響の評価及び排出抑制対策に関するサービス◎大気環境診断及び、規制・対策による改善効果算定のための大気質シミュレーション技術
本技術は、コンピューターによる数値シミュレーション技術を利用して、大気環境状況を把握するために必要不可欠な汚染物質の濃度や沈着量、またそれらの3 次元空間分布情報などを算出するものです。
◎大気汚染対策に関する諸国の環境基準制度や、大気汚染物質による健康影響に関する情報提供サービス
一般環境中における各種大気汚染物質によるヒトへの健康影響に関する研究情報や、米国、EU、中国等の諸外国における大気汚染に関する法律及び制度に関する情報を蓄積しており、必要に応じて迅速に情報提供します。
◎大気汚染物質によるヒトへの健康影響リスクの評価
大気シミュレーション技術や大気質のモニタリング結果に基づく大気汚染物質濃度の推定技術と、大気汚染物質による健康影響の現れ方やその強さに関する科学的知見に基づき、対象とする地域で生活する人々の健康リスクを推定、評価しています。
日中環境協力支援センター有限会社
Japan-China Environmental Service Center Co., Ltd.
日中環境省エネビジネスコンサルティング高い専門性と豊富なコンサル経験や人脈を持つ当社の日中環境省エネビジネスコンサルサービスで貴社をしっかりサポート。日中環境省エネ分野について、マーケットリサーチ、資料収集・翻訳・通訳、販売促進支援、協力相手探し、マッチング、共同研究コーディネイト、展示会出展支援、信用調査、交渉支援、中国連絡事務所代行業務、レクチャー・講演・執筆活動、化学物質管理コンサルで高品質のサービスを提供中です。
日揮触媒化成株式会社
JGC Catalysts and Chemicals Ltd.
脱硝装置・脱硝触媒日揮株式会社は、1970年代初頭に脱硝触媒や反応器の開発を始め、日揮触媒化成株式会社は、環境保全用製品として、1976年に世界に先駆けて酸化チタンベースにおけるハニカム型脱硝触媒の生産を開始し、ハニカム型触媒のトップシェアの地位を築いており、EU、USA、韓国、中国の各地域へその製造技術ライセンスを実施し、世界的にもその技術はトップシェアを誇る。最近では2015年にセメント、鉄鋼コークス、ごみ焼却炉等の窒素酸化物(NOx)の規制の強化によるマーケットの拡大が予想される背景の中、日揮グループとして中国での脱硝ビジネスを推進・拡大中である。その他に素材の特性を生かした吸着剤、触媒機能製品等の展開も視野に入れ営業活動中である。
川崎市
Kawasaki-city
PRTR推進事業PRTRとは、有害性のある多種多様な化学物質が、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか等のインベントリー、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握・集計し、公表する制度。
事業者はPRTR制度により、さまざまな化学物質の環境への排出量を自ら把握し、行政に報告。また、その結果は行政により公表され、事業者が事業活動により環境へ与えている負荷の実態を周辺住民を含めた第三者に知らせる。そのデータ把握・公表の過程を通じて、事業者による化学物質の自主管理、適正管理が促進され、その結果、環境負荷、環境リスクが低減される。
川崎市
Kawasaki-city
エコ運搬制度エコ運搬制度は、荷主や荷受人の協力により、窒素酸化物及び二酸化炭素の排出対策を併せて推進できる運搬に関する環境配慮を促す仕組みである。
川崎市
Kawasaki-city
大気環境モニタリング川崎市では、大気汚染防止法第22条に基づき、環境大気の常時監視を実施。市内の測定局は18局(一般環境大気測定局9局、自動車排出ガス測定局9局)あり、PM2.5や窒素酸化物をはじめとした大気汚染物質及び気象状況を1時間ごとに測定している。
これらの測定データは、環境総合研究所及び市役所本庁に常時伝送され、集中的に監視している。伝送された各種データは、データ処理装置によって処理された後、その結果はリアルタイムにインターネット上及び地上波デジタルデータ放送上で公表するとともに神奈川県庁などの関係機関にも送信している。
測定データはデータ確定作業を実施した後、年度単位で集計され、その結果は市内の大気汚染状況として大気汚染防止法第24条に基づき、公表を行っている。
川崎市
Kawasaki-city
大気環境改善土壌浄化モデル施設本施設は、公園の植栽地土壌をフィルターにして空気を浄化する装置であり、自動車排出ガスによって汚染された空気を道路端から吹込み、オゾンを加えて土壌に通し、窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)、浮遊粒子状物質(SPM)を土壌に吸着させ、土壌に生息する微生物によって分解・浄化し、きれいになった空気を地上に放出する。
この方法は、他の物理化学的方法と異なり、メンテナンスが容易であることや処理にともなう廃棄物の発生が少ないこと、窒素酸化物以外の浮遊粒子状物質などの汚染物質を同時に除去できる、などの特徴を持つ。
コニカミノルタ弁公系統(中国)有限公司
KONICA MINOLTA BUSINESS SOLUTIONS(CHINA)CO.,LTD
bizhub シリーズ複合機、magicolor シリーズプリンタ、bizhub PRESS 高速デジタル印刷システム中国で20 年以上の複写機販売の歴史を持ち業界トップクラスのシェアを誇っています。目まぐるしく発展する中国で、カラー化、デジタル化、ネットワーク化の需要が高まる中、プリンタやモノクロ複合機のみならず、カラー複合機、プリントオンデマンド機等、幅広い製品を提供し、お客様の様々なニーズにお応えしています。オフィスのネットワーク化や紙情報の電子化による文書管理の効率化、カラー複合機導入によるオフィスネットワークの刷新、プリントオンデマンド機を使用したコストダウン、情報漏洩対策としてセキュリティ向上など、お客様のニーズに応じて最適なソリューションをご提案し、理想的なビジネス環境創出をお手伝いしております。
株式会社 マツシマメジャテック
Matsushima Measure Tech Co., Ltd
粉塵濃度計・摩擦電荷方式ダストモニタマツシマ製の粉塵濃度計・ダストモニタは、摩擦電荷方式を採用し、バグの漏れ・破れ検知、生産性向上、環境・防災対策に貢献します。
◆バグフィルタの健全性をオンラインで監視し、環境保に貢献します。
◆摩擦電荷方式を測定原理とし、「メンテナンス性」、「導入の容易性」を持ち合わせたローコスト型の測定器です。
◆JIS Z 8852(ISO-10155MOD)に準拠したオンライン監視装置です。
◆ダストの検出性能は、高額な光学式と比べても付着に強く、メンテナンスも必要なく、感度もよいセンサーです。
明和工業株式会社
Meiwa Co., Ltd.
バイオマス炭化設備特許も含む、複数の炭化方式を保有し、多彩なバリエーションの炭化装置を設計・製造できます。多種多様な原料の炭化した経験があり、安定で、高品質な炭化物の生産が可能です。汚泥、家畜糞、食品廃棄物、農林水産業の残渣(籾殻やサトウキビの搾りかす、廃材等)、水草など処理原料や容量に応じて様々な炭化装置の設計実績があります。これら有機ごみの炭化物は燃料としての利用のほか、農業用に土に混ぜ込むことで土壌改良材や肥料としての効果があります。このことから、バイオマス炭化装置は「廃棄物管理」と「農業またはエネルギー」という2つの課題に対してソリューションを提供するための技術と言えます。
三浦工業株式会社
MIURA CO.,LTD.
高効率ガス焚き貫流ボイラーシステムとオンラインモニタリングによる省エネと大気汚染対策技術 高効率ガス焚き貫流ボイラーシステムは、従来の炉筒煙管ボイラーに比べ、低負荷運転域でも高い運転効率を維持し、設備の大幅な省エネルギーをはかることができる。
 さらに、当社独自の技術である燃焼室の無いボイラー構造と、大型予混合バーナの組み合わせで厳しいNOx規制にも適用可能である。
 オンラインモニタリングシステムは、ボイラーの運転状況をリアルタイムに『見える化』し、分析と診断を行なうことにより、ボイラーの予防保全と性能維持が可能である。
日揮ユニバーサル株式会社
NIKKI-UNIVERSAL Co., Ltd.
・触媒によるVOC、アンモニア、オゾンの分解
・酵素剤による殺菌(酵素フィルター)・触媒酸化燃焼法は低温で高効率なVOC分解法です。特に小風量(<500Nm3/min)の排ガス処理において、その経済性が発揮されます。
そのため、化学工業はもちろん、印刷、塗装乾燥、食品工場などから出る排ガスの処理に適しています。(br/)また、NOxを出さずにアンモニアを分解する触媒や、常温でオゾンを分解する触媒なども揃えております。(br/)・また、酵素フィルターは酵素によって細菌からウイルスまで殺菌・不活化することができます。
日揮ユニバーサル株式会社
NIKKI-UNIVERSAL Co., Ltd.
VOCなどの排ガス処理装置で使われる低価格で高性能の酸化触媒日揮ユニバーサルはVOC処理の分野では40年以上の実績を有する触媒専門メーカーであり、触媒毒である有機シリコンや硫黄、ハロゲンなどに強い耐被毒触媒、NOxの副生成物を抑制しつつアンモニアや有機窒素を分解する触媒など一般的な酸化触媒からユニークな触媒の製造と販売をしております。VOC処理では低価格かつ高性能な酸化触媒をラインナップに取り揃えており、中国でも触媒式VOC燃焼装置を製作する上海、青島の大手装置メーカーに採用い頂いております。
日本リファイン株式会社
NIPPON REFINE CO., LTD.
高沸点有機溶剤含有排水対応ヒートポンプ式蒸発濃縮装置
揮発性有機ガス(VOC)回収濃縮装置
剥離液再生装置
排水中の微量溶剤除去・回収装置
蒸留塔弊社-日本リファイン㈱は、環境破壊、地球温暖化の原因となる揮発性有機化合(VOC)を、蒸留を中心とした分離技術を駆使し、資源として完全に循環することを目指している会社です。
主要である環境ビジネスは2つの機能からなります。
・溶剤を精製リサイクルする機能
・様々な工場から排出される排ガス・排水中に含まれる微量溶剤成分を高効率で回収する装置を設計・製作する環境エンジニアリング機能。
この2つの機能を有機的に繋げ、溶剤の供給から排出までの流れにおいて、溶剤ユーザーが抱える様々な問題に対し、最適なソリューションを提案します。これにより、資源の再生、CO2 の減、VOC の排出抑制、製造コストの削減を同時に達成致します。
新日鉄住金エンジニアリング株式会社
NIPPON STEEL & SUMIKIN ENGINEERING CO., LTD.
コークス炉ガス脱硫設備 (NNF法)コークス炉ガス中のNH3を利用してH2S及びHCNを吸収除去しアンモニウム塩として固定化する湿式脱硫プロセスにおいて、次の特徴を有し、環境保護に優れた設備です。
①脱硫塔1塔で脱硫後のH2S濃度50mg/Nm3以下を達成でき、湿式脱硫法として最高水準の脱硫性能を誇ります。
②全ての脱硫廃液は燃焼後に濃硫酸原料として使用されるため、廃液は系外に排出されません。濃硫酸の代わりに、硫黄回収や塩回収プロセスと組み合わせることも可能です。
③脱硫塔に独自の充填構造を採用することで従来よりも大幅に閉塞を抑制でき、ノーメンテナンスで長期安定操業が可能です(10年以上の連続安定操業を継続中)。
④吸収剤はコークス炉ガス中のNH3のみであり、外部からアルカリ薬品を添加する必要がありません。
日産自動車株式会社
Nissan Motor Co., Ltd
動的経路誘導 及び エコ運転支援システム車載IT端末(携帯型ナビ)を使い、動的経路誘導(DRGS)による「交通流の改善」、エコ運転支援(EMS)による「個人の運転行動の改善」を行う。この技術を使うことで、中国都市部において、渋滞改善、省エネ、空質改善が可能となる。
本技術の効果は、北京市交通委員会と日産が北京で行った共同プロジェクト*において効果があることを確認済み。

*:日本のNEDOと中国国家発展改革委員会のMOUに基づき、2011年9月から2013年2月まで行われた中日の官学産連携プロジェクト
有限会社オー・エス・ピー
O.S.P. Inc.
VOC の携帯型簡易測定器: ハンディVOC センサー VOC-121H
オンラインVOC モニター: VM-604、VM-700 シリーズ◎ 独自技術のIER法※:
・ガスクロマトグラフィー法と相関が良いVOC測定の簡便法
・測定濃度レンジが広い
・検出可能なVOC成分が多い
※IER法=干渉増幅反射法: Interference Enhanced Reflection Method
◎ 簡易、迅速、高性能、スキル不要で操作性に優れたデザイン、低メンテナンス
◎ ドリフトを回避し、安定した間欠連続モニタリング測定を実現
オフト株式会社
OFT company Limited
エコマーベラスオイル・100%化学合成されたエンジン用オイル ・あらゆる4サイクル内燃機関(エンジン)に使用可能 ・エンジン内に均一に広がり燃焼室を密封する事で、燃料を完全燃焼させエネルギーロスが少ない・燃料完全燃焼効果により、排気ガス中に有害物質が残らない・オイルの特性により燃焼室内部が磨かれ、トルクアップの効果を得られる
大阪ガスケミカル株式会社
Osaka Gas Chemicals Co.,Ltd.
溶剤(VOC)回収用活性炭 粒状白鷺S2x中国では2016年1月から新大気汚染防止法が施行され、VOCの規制が強化されております。粒状白鷺S2xは、特に灰分の低いヤシ殻を厳選し、当社の優れた活性炭製造技術により製造された溶剤(VOC)回収用活性炭です。本品は、ガス吸着に適合した細孔構造を有し、様々な溶剤蒸気に優れた吸着効果を発揮します。また、活性炭表面の不純物を極限まで低減している為、溶剤蒸気に対する接触分解性が極めて低いのが特徴です。
大阪ガスエンジニアリング㈱
Osaka Gas Engineering Co., Ltd.
FRC法ガス脱硫システム◎石炭ガスなどの燃料ガスから、硫化水素、シアン化水素を触媒を使って高効率で除去し、硫酸として回収します。
◎石炭ガスの場合は、同時に含まれるアンモニアガスを利用できるため、アルカリ剤の補給が不要です。
◎石炭ガス中の硫化水素濃度は、0.02g/Nm3まで達成が可能です。
広東松下環境系統有限公司
Panasonic Ecology Systems Guangdong Co.,Ltd.
松下新風システム 家用薄型全熱交換器車の排気ガス、生活騒音、PM2.5、室外の大気汚染が日々深刻化になる。一方、ホルム、病菌など、室内にでも有害物質が絶えずに発生。窓を開けて換気するかどうかも難しい選択肢になる。本当に大切な家族を汚い空気から守れるのか?
パナソニック新風システムは24時間常時全体換気をメインに、多くの換気ソリューションの提供が可能。省エネを目指す同時に、携帯APPによる遠隔操作で、健康かつ快適なスマートシティを実現。
レスク株式会社
RESC, Ltd.
カセット型バッテリー用プラットフォーム:e-プラットフォームIoT を駆使することで、バッテリーインフラの経済性と利便性を両立させながら、バッテリーそのものではなく、バッテリーの充放電機能をユーザーへ提供するプラットフォームです。
e-プラットフォームの4つの構成要素は以下のとおりです:
1.IoT に対応したカセット型バッテリー
2.カセット型バッテリー活用製品
3.アルゴリズム・AI・ビッグデータで構成されたICT システム
4.IoT サービス
理光(中国)投資有限公司
Ricoh China Co., Ltd.
デジタルフルカラー複合機、デジタルモノクロ複合機、デジタル広幅複合機、プリンタ複合機、複合機プリンタ拡張機能、デジタル印刷機、ラインプリンター、プロダクションプリンター、再生機、プロジェクター、インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)・使いやすさと、優れた環境性能を両立。
・優れた省エネ性能。
・リサイクル、リユース、リデュース(小型・軽量化など)による資源効率向上。
住友電気工業株式会社
Sumitomo Electric Industries, Ltd.
レドックスフロー電池(二次電池)◎電池セル及び電解液が充放電による劣化が殆どないことから、充放電サイクル寿命は極めて長く、再エネ発電の出力安定化に適合。
◎充電状態(SoC)が正確に計測できるため、再エネ発電出力安定化やピークカットなど用途の長時間計画運転に有利。
◎電池セル及び電解液は難燃性材料を使用し、かつ常温で運転できるため、火災のリスクが極めて低く、安全である。
帝人エンジニアリング株式会社
TEIJIN ENGINEERING LIMITED
乾式排煙脱硝装置・湿式排煙脱硫装置乾式排煙脱硝装置
① 運転管理が容易
② 乾式法のため排水無
③ 高い脱硝率が得られ、安定運転が可能。
湿式排煙脱硫装置
・水酸化マグネシウム法
 ① 脱硫排水の主成分は硫酸マグネシウムであり、海水成分の一つとして容易に放流可能。
 ② 運転管理が容易。
・苛性ソーダ法
 ① 高濃度の亜流曹回収可能
② 運転管理が容易
帝人フロンティア株式会社
TEIJIN FRONTIER CO., LTD
ナノフロント®使用バグフィルター帝人が開発した世界初の直径700 ナノメーターのナノファイバーであるナノフロント®を使用したバグフィルターです。濾過面に微細な孔径構造をもつシート状のナノフロント®使用不織布を用い高い粉塵捕集性を実現。
また、ナノフロント®使用不織布は、均一な孔径のナノフロント®を均一に分散させているので通気性が高く、目詰りが遅いため省エネ・長寿命効果が期待できます。
中国では大気汚染が深刻で排塵規制が強化されており、そのソリューションとしてだけでなく、省エネ・長寿命効果の可能性も有り採用が拡大中です。
東邦化工建設株式会社
TOHO CHEMICAL ENGINEERING &CONSTRUCTION CO., LTD.
活性炭素繊維(ACF)を用いた有機溶剤(VOC)吸着回収装置1. 軽量・コンパクトで高除去率
  ACF は吸着・脱着のスピードが速いため、粒状活性炭に比べ吸着材は約1/20
  の充填量で処理可能。
2. 回収溶剤が高品質
  水蒸気による脱着が極めて短時間(数分)であるため、回収溶剤への熱影響が少
  なく、高品質の溶剤を回収可能。
3. 省エネルギーで経済的
  脱着に必要な蒸気、冷却水など連続一定消費となるので、蒸気ボイラ、クーリン
  グタワーは小型で対応可能。
4. 安全性が高い
  粒状活性炭に比べ吸着層の厚みが1/5~1/10 と薄型のため、吸着熱による蓄
  熱が少なく、発火等の危険性なし。
5. 操作が簡単
  吸着・脱着を短時間で切替えるため、起動・停止が容易(完全自動切り替え)。
ボルカノ株式会社
VOLCANO CO., LTD
無機塩含有廃液焼却装置(液中燃焼装置)1928 年に国産初の低圧噴霧空気式重油燃焼器の開発に成功して以来、90 年に亘り燃焼技術の研鑽に努めてまいりました。1970 年代の日本の公害問題の発生に先駆けて、無機塩類含有廃液の処理に最適な“液中燃焼式廃液処理装置”の開発を行い、約半世紀に及び廃液/廃ガスの焼却処理に取り組んでいます。
中国市場には、廃液処理焼却設備の初号機を1990 年代に納入以後、日本の最先端の技術をベースとし、中国基準に準拠する設備提案を行っております。焼却方式は、確実に有害成分を分解するため、排ガス中の各種成分は規制値以下になり、高濃度廃液といった一般的な水処理方式では処理しきれない廃液の処理も可能です。