日本企业节能、环保相关设备、技术总汇(修订新版)中国語のページへ

設備・技術の分類別リスト:新エネルギー

会社・団体名/英文名 設備名・技術名 PDF
北九州市
City of Kitakyushu
北九州市の省エネルギー環境関連施設と技術(グリーン・イノベーション)北九州市は低炭素社会の構築のため、環境分野の技術革新による経済発展を目指すグリーン・イノベーションを促進し、エネルギーや環境保全関連技術や製品の開発と普及、環境産業の育成などに積極的に取り組んでいます。
本市がこれまで培ってきたものづくりの街としての技術やノウハウを最大限に活用し、低炭素社会が求める付加価値の高い産業構造の変革を進めています。また、オフィスや工場での省エネや新エネルギー設備の導入に率先して取り組んでいます。多様なエネルギー資源による安定的なエネルギーの供給と、市民参加による地域エネルギーを賢く無駄なく使いこなし、災害にも強いエネルギーシステムの構築を目指しています。
富士電機(中国)有限公司
Fuji Electric(China)Co.,Ltd
・エネルギーマネジメントシステム ・電気集塵機 ・地熱発電技術 ・工業電熱製品(誘導炉)・赤外線ガス分析計 ・データセンタ(省エネ空調ユニット)
・急速充電器 ・高圧インバータ ・低圧インバータ・PM2.5微粒子複合分析計
・電気集塵機◎創エネから、各省エネ製品を支える半導体製品まで、豊富で幅広いラインナップを中国で提供いたします。
◎地熱発電技術は世界トップレベル、安全でクリーンなエネルギーで環境に貢献します。
◎世界で認められた信頼性のある製品、技術力でお客様をサポートいたします。
◎省エネ促進の必需品であるインバータを長年中国で供給し、信頼性の高い最高性能のブランドとして認知を受けています。
株式会社フクザワ・オーダー農機
Fukuzawa Order Agricultural Machinary Co., Ltd.
ソーラー式電動台車、各種電動台車ソーラー式電動台車は太陽光発電を利用しバッテリーを充電しながら各種作業に使用する電動台車です。日本での実績は主として長いもの植え付けに約600~800Kgの種芋を搭載し人が4人乗って1日中植え付け作業をするという事に利用されており、現在までに約60台以上の実績があります。近年はその応用範囲も広がり、にんにく、ゆり根の植え付け、アスパラの収穫など、ゆっくり歩く程度の低速走行台車の分野で電動化が進んでおります。もちろんソーラーを利用しない電動台車も可能です。
これらは大変静かで排ガスも無い事から屋内でも使用でき、人にも環境にもやさしい機械となっております。 
株式会社日立ビルシステム
Hitachi Building Systems Co., Ltd
空調省エネ制御&遠隔監視サービス・設備の運転状況をモニタリングし、事前に故障の予兆を発見し、空調システムの故障による空調の停止を未然に防ぎます。また、最適な保全周期を計画し、保全費用の最小化を実現
・空調省エネ最適化制御システムはシミュレーションにより、省エネルギー機器最適制御、自然エネルギーの有効活用、過剰運転の抑制を図り、空調システムの省エネ効果を最大化空調システム全体としての総合運転効率(システムCOP)の最大化を図る
・日本から遠隔で省エネチューニング(運転設定値を最適化)することでエネルギーの無駄を最小限にし設備運転員の経験や勘に頼らず空調システムの最適運用が可能
日立金属株式会社
Hitachi Metals, Ltd.
チルドタワー・低温外気の有効利用による省電力
・年間自動運転
・きれいな冷水を提供できる
・低メンテナンスコスト、高信頼性
株式会社日立製作所
Hitachi, Ltd.
風力発電用変換器
・二次励磁方式変換器
・PMG方式変換器・発電・変電で培ったパワーエレクトロニクス技術
・二次励磁方式、PMG方式それぞれの発電方式に応じラインナップ
株式会社日立製作所
Hitachi, Ltd.
「24KV-25KA エコC-GIS」・地球温室効果ガス(SF6)を完全に撤廃し、真空遮断器(VCB)使用の乾燥空気絶縁のキュービクル形開閉装置
・長寿命高信頼性の真空消弧室(VI)を使用し、保守点検省力化のC-GIS(SF6ガス回収装置不要)
・トータルライフサイクル(LCC)低減型(調達~廃棄)のキュービクル形開閉装置(C-GIS)
住友電気工業株式会社
Sumitomo Electric Industries, Ltd.
レドックスフロー電池(二次電池)◎電池セル及び電解液が充放電による劣化が殆どないことから、充放電サイクル寿命は極めて長く、再エネ発電の出力安定化に適合。
◎充電状態(SoC)が正確に計測できるため、再エネ発電出力安定化やピークカットなど用途の長時間計画運転に有利。
◎電池セル及び電解液は難燃性材料を使用し、かつ常温で運転できるため、火災のリスクが極めて低く、安全である。
トーカロ株式会社
TOCALO Co.,Ltd.
溶射を始めとした各種表面改質技術エネルギー分野において、石炭火力発電のボイラ水管に超合金溶射を行うことでボイラ水管の高温腐食を防ぎ、長期安定操業が可能となります。また、排煙脱硫装置のポンプインペラに超硬溶射を行うと、インペラのスラリーエロージョン損傷を防ぎ大幅なメンテナンス費用の削減が可能となります。その他、一般産業機械分野においても、耐食・耐摩耗コーティング技術は、機械装置の連続運転や工場の長時間稼働に必要不可欠な技術であり、工場の生産性向上に貢献します。当社は、素材産業、エネルギー分野、産業機械装置部品等への豊富な適用実績例を有し、中国における省エネ、環境ビジネスを強力にサポートしていきます。
トヨタ自動車株式会社
Toyota Motor Corporation
HEV、PHEV、EV、FCEVなど環境車技術トヨタは各国・地域でのエネルギー事情やインフラ普及状況に応じて最適なクルマを提供してきました。複数のエネルギーの優れた点を生かすハイブリッド技術を究極のエコカーづくりのコア技術と位置づけ、普及を推進します。